会社に行きたくない・・それは病気かもしれません

私はこの4月に職場が異動になりました。仕事の内容、進め方、人間関係、環境、全てが変わり、「自分はここは向いてないのでは」と思うのに時間はかかりませんでした。多かれ少なかれ異動にそういうことは付き物であるし、慣れるまではと何とか毎日を過ごしていたのですが、慣れる気配は全くなく、日に日に心身に疲労が溜まっていく一方。そしてとうとう数か月経ったある日の朝、どうしても起き上がることが出来ませんでした。とにかく体が重く、仕事に行くことを思うだけで涙が出て来るのです。

思えば「一線を越えた」のだと思います。すっかり心が折れてしまった私は、その日会社を休みました。何とか起き上がれるようになった後「とりあえず精神科か心療内科に行こう」と思い、近隣の医者を調べ電話したのですが、どこも初診患者は早くても2週間待ちとのこと。予想はしていたものの、世の中にはこんなに多く心を病んでいる人がいるということは衝撃でした。何とか当日受診が可能な心療内科があり、縋る思いで駆け込んだのです。

診察の結果は「適応障害」でした。うつ病に似た症状ですが、適応障害は特に特定のストレスが原因で引き起こされ、そのストレス因を除去するのが一番の治療方法とのことです。私の場合は、仕事環境の変化という原因がはっきりしていたので「このまま勤め続けていては症状が悪化するから、仕事をしばらく休んだらどうか」と言われました。

幸いなことに、私の会社はしっかりした休職制度があり、その間の手当補償もあったので、会社に相談し、しばらく休職することにしたのです。
正直休職するという判断には迷いがあったのですが、今は良かったと思います。医者の言う通り、あのまま会社に行き続けたら潰れてしまっていただろうし、まず診てもらうことによって、自分の苦しみの正体がわかったこと、辛いのには理由があったことに気付いたからです。

今は投薬治療をしながら自宅療養しています。幸い薬も合っていたようで、日常生活や近所の外出は難なくこなせるようになりました。復職のことを思うと気分が沈まないわけではないのですが、少なくとも重症化する前に手を打てて良かったです。

「会社に行きたくない」という理由で医者に行くのは決して甘えじゃありません。病気が隠れているのかもしれないのですから、心が限界と感じたら、それに素直に従ってほしいです。あと、最近は気休めですが占いにも通うようになりました。半分信じて半分気休め程度なんですが、占い師さんに相談して方向性を示してもらえると安心できるんです。24時間いつでも占ってくれるのでありがたいです。私が利用しているのはコチラです。
⇒ http://xn--24-e73av5a017j1xxq66cuvsn2c.com/
心が疲れてしまった方の参考になりますように・・・